中華一番!

菊下楼の新たな料理長を決める、料理勝負が開かれようとしていた。
方や、菊下楼の厨房を遊び場として育った、前料理長パイの息子・マオ。
対するは、パイに十年師事するも彼女を裏切り、一度は店を捨てたショウアン。
因縁の料理対決の課題は、「幻の麻婆豆腐」!
審判を務めるリー提督が、若き頃に食したその味を再現できた方が勝利するのだ。
マオは店を守るため、亡き母の味を思い出そうとする――

繊細な味覚と、一度覚えた味を忘れない記憶力がマオの武器です。
まだ13歳で少年らしい一面も多いですが、料理の才能は大人顔負けです。
各料理に対してさまざまな課題があって、それを数々のひらめきで乗り越えていきます。
料理を味わった時の奇抜なリアクションに定評のある作者ですが、
第一巻ではまだそこまで常軌を逸した表現はありません。ちょっとつまらないです。
とはいえ、集中線の多いこと! バトル漫画かと勘違いしそうです。
努力・友情・勝利というお約束の構造はちゃんとあって、読後の爽快感もバッチリです。

麻婆豆腐にチンジャオロースーと、とにかく美味しそうな料理が登場します。
ページをめくるたびにお腹が減る漫画なので、空腹時はご注意を!
残念ながら、奇想天外な方法が多いのでレシピを真似するのには向いていません。
あくまでフィクションのグルメ漫画としてお楽しみください。

カテゴリー: おすすめ漫画, 中華一番! | タグ: | コメントする

ヘルズキッチン

地獄で最も美味とされている「本物の料理人の魂」を食べるため、
悪食伯爵・ドグマは現世をさすらっていた。
数々の料理人の魂を喰っても満足できなかったドグマは、
自ら「本物の料理人」を一から育てることにしたのだ。
彼が目をつけたのは、高校受験を控えた普通の中学生・守屋悟。
悟はドグマに操られ、厨房にあるゴミクズだけで美味いハンバーグを作ることに。
はたして、食いしん坊の幼馴染・初夏(はつか)を満足させることはできるのか?

これといって特技もない、進路もまだ決まっていない悟が、
「本物の料理人」を目指すグルメ漫画です。
最初は操られて仕方なく料理をした悟ですが、
自分の作った料理で人が喜ぶのを見て、少しずつ何かが変わっていきます。
また、料理を習ったことがない彼だからこそ思いつく視点も多いようです。
ドグマが彼に目をつけたのは、その料理への純粋さと誰にもない発想力が
大きな魅力だったのかもしれません。
第二話で、悟はいきなり食専(国立食農高等専門学校)に編入学します。
中学三年生なのに編入できるの? なんて野暮な疑問はさておき。
ここで悟が「冷たいスフレ」を作るのですが、これがまた美味しそうで……!
ふっくらと立ち上がったスフレ、ふんわり食感なんでしょうか。
悟がドグマに操られているからではなく自ら料理にのめりこんでいく様子は、
見ていて応援したくなりますね。

カテゴリー: おすすめ漫画, ヘルズキッチン | タグ: | コメントする

シノビライフ2

過去から戻って以来、紅のことを「紅姫」とは呼ばなくなった景虎。
現代社会で生きていくことを決め、世間に馴染むためにも、
紅の遠い親戚だということにして学校に通い始めることに。
そんなある日のこと、紅は、同じクラスの岩鶴理人が
実は父の決めた許婚だったと知る。
理人のそばには、なんと景虎と同じく過去からやって来た忍・鶲(ひたき)がいて――

紅が紅姫ではないと分かってからの景虎は、ストレートに恋心を伝えてきます。
嫉妬したり触れて見たり、かなり積極的なアプローチです。
紅姫に対しては、身分の差があったから控えめだったのでしょうね。
紅も景虎のことが好きなんです、好きなんですが……
冷酷な父が邪魔をするんです! なんということでしょう!
今時、親が決めた許婚だなんて時代が古すぎやしませんかね。
古すぎる価値観だからこそ、景虎にとっては「当たり前」だったんですね。
身分の差がなくなった二人ですが、また道ならぬ恋に戻ってしまいました。

さて、第1巻で景虎と紅を襲った忍・鶲が、現代で再登場します。
景虎たちと同じ方法でタイムトリップしてきたのですが、
鶲が下り立ったのは5年前でした。
そこで、理人と出会っています。
使命に忠実な景虎と違い、鶲は景虎への執念で動いているようです。
憧れやら嫉妬やら憎しみやら、いろいろとこじらせてしまっています。
忍の掟なんかない現代に来たんだから、もっと平和に生きたらよかったのに……。
もっとも、景虎には紅がいたから救われたのに対して、
鶲は理人のそばにいてもずっと孤独を背負ってきたのかもしれません。

カテゴリー: おすすめ漫画, シノビライフ | タグ: | コメントする

シノビライフ1

女子高生・藤原紅(べに)は、ある日、誘拐されてしまった。
ビルの屋上で脅されていた紅の頭上に、なんと忍者姿の男が落ちてきた!
景虎(かげとら)と名乗ったその男は、
戦国時代からタイムスリップしてきた本物の「忍」で――
景虎は、紅を「紅姫」と呼び、彼女を守ることが使命と思っている様子。
藤原家のメイドや父の秘書など、財産狙いで紅を狙う輩は多い。
はじめは景虎を邪険にしていた紅も、守られ救われるる内に心を許していく。

第1話・第2話では、紅は家が金持ちなために2度も誘拐されてしまいます。
メイドは誘拐犯だし、秘書はヘンタイだし、本当にかわいそうな紅……。
彼女の家庭環境は複雑で、紅はちょっとひねくれてしまっています。
「父にあてつけられるなら死んでも構わない」と言う彼女が、
景虎と出会って少しずつ考え方を変えていく様子が微笑ましいですね。
一体、紅の両親の間には何があったのか、気になります。

第3話・第4話では、二人そろって景虎の時代へタイムトリップしてしまいます。
景虎の主である紅姫の行方が明らかになり、紅の正体もばれてしまいます。
しかし、二人は現代に戻ってきます。
物語の舞台はあくまで現代なんですね。
携帯電話やテレビに驚く景虎が、ありきたりではありますが、とってもかわいいです。
自分だけのボディガード、しかもイケメン。羨ましすぎるシチュエーションです。
おまけに、世間のことには疎い景虎をにやにや見守る楽しみまで……
というのはさておき、母をなくして以来孤独だった紅にとっても、
景虎の存在によって孤独感が薄れていくようです。良かったですね。

カテゴリー: おすすめ漫画, シノビライフ | タグ: | コメントする

ヨコハマ買出し紀行

夕凪の時代――
海面は年々上昇し、大都市横浜は今や丘の上に移転していた。
ゆったりと時代が黄昏れていく中、ロボットのアルファは、
西の岬のコーヒー屋を一人で守り続けている。
オーナーは、数年前にどこかへ行ってしまったきり、音沙汰なし。
アルファの店には、ガソリン屋のおじさんや孫のタカヒロたちが訪れる。
まったり時々にぎやかな、アルファの日常。

アルファはロボットですが、見た目はほとんど人間と区別がつきません。
アンドロイドというのでしょうか?
人工知能があって、飲食もできます。
楽器を弾いたり踊ったりもできるんです。
ただ、一度雷が直撃した時は、皮膚や髪の移植手術を受けていました。
それ以外は、本当に普通のきれいなおねえさんなんです。

この物語の舞台はおそらく近未来です。
でも、こんなにゆったりまったりとした近未来の世界観は、他にはありませんね。
「夕凪の時代」「時代の黄昏」、なんとも美しい表現です。
アルファのような人型のロボットは、人々にも普通に受け入れられています。
世界に何が起こったのかは、描かれていません。
おそらく、この先も描かれないと思います。
大切なのは、世界がどうしてこうなったのかではなく、
こうなってしまった世界をありのまま受け入れて、
一日一日を大切に過ごしていくことだから――だと思うのです。

カテゴリー: おすすめ漫画, ヨコハマ買出し紀行 | タグ: | コメントする

私がモテてどうすんだ

重度のオタクでおデブな女子校生・芹沼花依ちゃん。
いわゆる腐女子でイケメン同士が絡んでいるのを横から覗き見するのが趣味の子です。
でも、クラスメイトからはそれなりに愛されているようです。

しかしある日花依ちゃんのお気に入りアニメ・ミラサガのシオンが
戦死してしまった事にショックを受けて寝込んでしまいます。
一週間もまるまる自室に引きこもり、ご飯も食べないありさま。
心配した家族が花依ちゃんをベッドから引っ張り出してみると、
そこにいたのは誰もが振り返る美少女花依ちゃんでした。
痩せただけで美少女になるなんて非現実的な。。と思ってしまいますが、
一番ショックを受けたのは花依自身。
鏡で自分の姿を見るなり「鏡がこわれてる!」と騒ぐくらいですから。

ひと騒動も落ち着いたころ、学校に行かないと行けなくなった花依ちゃんですが、
クラスメイトの男子たちは痩せた花依ちゃんを放っておくはずがありません。
さっそく花依ちゃんにアプローチを仕掛けるイケメンたち。
しかし、自分がモテたことがない花依ちゃんはそれをどうさばいていいのかわかりません。
なにしろ、イケメンたちが絡む妄想は常時していても、自分がモテることなんて
想像したこともなかったのですから。
こうして、私がモテてどうすんだの幕が開かれることとなります。

カテゴリー: おすすめ漫画, 私がモテてどうすんだ | タグ: | コメントする

あるいていこう

灌漑用のため池しかないような田舎に住む女子中学生、池谷咲(イケ)。
少女マンガに夢中で、現実の男子にはまだ興味がありませんでした。
けれど、陸上部の部長が気になりだしてからは、少しずつ女の子らしくなっていきます。
ところが、部長はイケの親友・美海(みう)のことが好きだと分かり、
芽生えたばかりのイケの初恋は無残に散ってしまうのでした。
そんなある日、いつも意地悪ばかりしてくる丸毛(マル)が
急にイケに優しくしてきて、周囲からひやかされるようになってしまい――

田舎っぽさとか、女子中学生っぽさとか、
そういうのが全部とても丁寧に描かれています。
かっこいい先輩にキャーキャーしない女子は子どもっぽいと思われるし、
気になる人が出来たらできたで、周囲がおせっかいを焼き始めるし。
イケが感じているもやもやがとてもリアルで、胸がギュッとなりました。
美海みたいな「いらんことしい」の友達、いたなあ……とため息をついてみたり。
部長が気になりだしたとたんに寝癖を直すようになり、
あっさり失恋した後はまた寝癖を気にしなくなるイケの現金さも
身に覚えがあるような、ないような……客観的に見ると可愛らしいものですよね。

大阪からの転校生という丸毛くんが、なかなかの男前です。
ひょうきん者だけど相手の気持ちを思いやることもできるし、
噂に振り回されない芯の強さもあります。爽やかで礼儀正しいし。
これから、丸毛くんとイケは仲良くなっていくのでしょうか? 楽しみですね。
おせっかい焼きの美海には、ぜひ二人をそっとしておいて欲しいものです。

カテゴリー: あるいていこう, おすすめ漫画 | タグ: | コメントする

ライアー×ライアー

潔癖症の湊(みなと)には、血のつながっていない義理の弟・透(とおる)がいる。
透は、中学生の頃から女をとっかえひっかえするような悪い男だ。
ある日、友達の戯れで女子高生の格好をして渋谷に繰り出した湊は、
たまたま透と鉢合わせてしまう。
迫真の演技で、別人の「みな」だと思わせることに成功するが、
透はみなに本気で惚れこんでしまったようで――

親同士の再婚でできた、血のつながっていない姉弟。
ラブコメでもよくある設定ですが、本作が独特なのは、
湊が女子高生「みな」を演じながら徹と付き合っているという点です。
湊は、はじめは弟をからかい女関係を清算させてやろうという思惑があったようですが、
「みな」に本気で惚れている透を見て、だんだん複雑な心境になっていきます。
その内、湊にはサークルを通じて再会したイケメンの烏丸くんが現れて……
秘密を抱えた三角関係!? になっていくのでしょうか、ドキドキしますね。

姉にそっくりな子に惚れるなんて、透は絶対シスコンをこじらせていますよね?
表情が薄いから読み取りにくいとはいえ、湊は鈍感すぎやしませんか。
そして、烏丸くんとイイ感じになれたのは、透と擬似カップルをしているおかげで
女としての魅力がアップしているからだったりして……? 考えすぎか。
突然のモテ期到来に、湊はパニックになっていますが、
普通に考えたら透をサクッと切って、烏丸くんと付き合っちゃえばいいのにと思いますが。
姉としての感情なのか、それ以外の感情があるのかな?
自覚した時にひと悶着がありそうですね。

カテゴリー: おすすめ漫画, ライアー×ライアー | タグ: | コメントする

SABER CATS

21世紀後半、激増する凶悪犯罪者たちをのさばらせないため、
地球連邦政府は大量の賞金稼ぎを公認していた。
女だてらに名を上げる、賞金稼ぎの「山猫のチカ」は、
返り討ちにあって死にかけていたところを、ある男に助けられた。
彼の名は、宿祢光(すくねひかる)――
第七植民星ウ・タンで生まれ、イエン老師に通背門を学んだ武術家だった。

80年代後半から90年代にかけて描かれた本作。
21世紀後半には、恒星間移動も一般的で、植民地ならぬ植民星がある……という設定です。
チカの衣装が一昔前のSFっぽくて、エロ可愛いです。
何より、近未来SFに中国拳法をもってくる独特の設定が面白いです。
荒廃した世界観の中で、武術という存在が光っていますね。
戦闘シーンに派手さはありませんが、1コマ1コマ丁寧に描かれていて、
素人でも型がキレイなのは良くわかります。

七三オールバックでダサい眼鏡なのに、宿祢がちょっと格好良く見えるんですよね。、
銃や剣などの武器は持たず、武術一本で戦うところも潔いです。
チカを怒らせた後、ジャケットを着て花束を持って、謝りに来た1コマが好きです。
本当に何気ない1コマなんですが……
女心をあんまり分かっていないところが残念であり、胸キュンポイントでもあります。

カテゴリー: SABER CATS, おすすめ漫画 | タグ: | コメントする

放課後カルテ

産休に入った養護教諭の代わりに学校医として着任したのは、
ボサボサ頭でぶっきらぼうな医者・牧野先生だった。
日常的な居眠りで、保健室にしか居場所がない野咲ゆきは、
厳しい牧野先生によって保健室から追い出されてしまう。
歩いていても、授業中でも、倒れこむようにして眠ってしまうゆきに、
担任もクラスメートも彼女のサボリとしか思わなかった。
しかし、牧野先生だけはその異常性に気がついていて――

小学校の保健室を舞台にした、珍しい医療モノです。
過眠症(ナルコレプシー)や過剰なダイエットによる過食嘔吐など、
小学生にしては結構ハードな病気も取り扱っています。
でも、ストーリーもしっかりしているので違和感なく読み進められます。
また、児童虐待やマダニ感染などについて描かれたエピソードも、
リアルで、身近で、少し怖くすらありますね。

保健室の先生と言えば、優しくてほんわかしているのが普通のイメージです。
実際、私の思い出にある保健室の先生も、優しいおばあちゃん先生でした。
ところが、牧野先生はぶっきらぼうで言葉遣いも荒くて、ちょっと近寄りがたいです。
でも、医者としての目も腕も確かで、少しずつ周囲からも信頼されていきます。
以前勤めていた病院では信頼厚い医者だったようですが、何やら訳アリの予感……
過去に何があったのか、どうして小学校の学校医になったのか、気になりますね。

カテゴリー: おすすめ漫画, 放課後カルテ | タグ: | コメントする