げんしけん

大学に入学したばかりの笹原完士は、
「ある種」のサークルに入ると決めていました。
それは、漫画・アニメ・ゲーム好きが集まるオタクサークル!
流されるがままに入ってしまったのは、
「げんしけん」こと現代視覚文化研究会でした。
笹原とイケメン香坂、そして愉快な先輩達の
素敵なサークルライフの始まりです!

オタクには、2種類いると思います。
オープンオタクと、隠れオタク。
顔はイケメンなのに中身はガチオタクな高坂君はオープンですね。
自分がオタクであることに劣等感すら抱いていません。
一方、徐々に欲望に素直になりつつある笹原は、
まだまだ隠れオタクといえます。
そんな隠れオタクをも優しく受け入れてくれる場所、
それがオタクサークル「げんしけん」なのです。

オタクたちのリアル(?)な活動が垣間見えて面白いですね!
コミケに出店していた漫研の人たちのように、
積極的な創作活動を重視しているオタクもいれば、
げんしけんのように創作物(=同人誌やゲームなど)を
消費するだけで満足しているゆるいオタクもいるんです。
第6話では、ハゲグラサンのおっさんキャラが好きで
コスプレもする女子部員の大野さんが登場します。
やっぱり、好きなものを「好き!」といえる人生の方が
ストレスがなくて楽しいですよね。

カテゴリー: おすすめ漫画, げんしけん タグ: パーマリンク